圧倒的桜2017




a0323147_16554764.jpg




見上げれば 私だけの桜





a0323147_18503660.jpg




もう一度・・君と春を奏でる 




a0323147_17373256.jpg



本日開花
129blog参加の輪

想いをひとつに・・・・

usaさん圧倒的桜。2017🌸




a0323147_08020701.jpg

初めましての皆さん・・・
仲良しのブロ友さん・・・
一緒に参加できて嬉しいです。
これからもどうぞよろしくお願いします。

そして・・・

usaさん 素敵な企画をありがとうございました💛



[PR]
# by hidamaribenchi-me | 2017-05-20 07:03 | | Trackback

東京GWコレクション



a0323147_09280555.jpg


銀座 日本橋

たまにお洒落な街も歩かないと・・・



a0323147_10563173.jpg

話題の「GINZA SIX」にも行ってみた^^







a0323147_09290346.jpg


AJINOMOTO STADIUM

久々の生観戦(#^^#)
「そこ、抜けて行け!」とか「何やってんだ!」とか
ストレス発散で燃えたスタジアム^^







a0323147_09294552.jpg


神保町

神田古書店街で
マップ片手に探書めぐり


a0323147_10574961.jpg

神保町は本の街ということで駅名標周りは
本が積み重なったデザインの絵が描かれていました。







a0323147_09314396.jpg



cafe なんでもない日



a0323147_10581981.jpg

多摩モノレールに乗って、柴崎体育館駅で下車。
根川緑道のせせらぎを聴きながら
たどり着いた小さなカフェでまったり💛


「イラスト緑の木...」の画像検索結果



連休後半はあっちこっちブラブラ^^
街歩きは目的通りにいかないほうが面白い。
街歩きは適当に気が抜けてるほうがいい面白い。



今日は一息ついたような静かな週末。
遊びに来ていただいてありがとう💛
5/13


[PR]
# by hidamaribenchi-me | 2017-05-13 10:59 | 街角 | Trackback

岬の彼方へ・・・


大人の遠足 後編
岬めぐりの旅


穏やかな岬めぐりの先に待っていたのは
今までと全く違った荒波の吹き上げる城ヶ島。

海辺をのんびりお散歩できると思っていたら、
かなり険しい道のりにビビる私。


a0323147_16163084.jpg



海沿いの歩きにくい岩場を進むと、
遠方に「馬の背洞門」と思われる、
丸くぽっかり穴があいた岩を発見。

「えぇぇ・・・あそこまで歩くんだ」



a0323147_15485227.jpg


私にはハードルの高い遠足
なんだかドキドキ( ̄▽ ̄;)
と言っても、仲間の手を借りないと歩けない場所も。
それでも・・・到着した時は達成感!

実際には小さな子ども達も歩いていたので
かなりオーバーな発言(笑)


「馬の背洞門」
看板を一部転載すると以下の通り。

自然が作った海蝕洞窟で長い年月をかけて波浪、
風雨等に浸食されてこのような見事な形となったのです。
地層は第三紀層、改新統、三浦層群に属し土質は擬灰質砂礫という軟らかい岩質です。
高さ八メートル、厚さ二メートルで、土地の人は「馬の背洞門」のほかに
「めぐり洞門」「眼鏡の洞門」などと呼んでいます。




a0323147_17023575.jpg



荒波の中で釣り人発見!
水しぶきを浴びる瞬間。
怖い怖い…



a0323147_22315884.jpg
カメラを持てば・・なんだか決まる💛仲間の姿^^





そして・・・最後に眺めた海は茜色。
刻々と変わる岬の海と空の色・・忘れない。


a0323147_10391997.jpg




楽しい時間を惜しむように今日の日とお別れ。
またそれぞれの日常に戻る日々・・・・


a0323147_10422053.jpg
photo:三戸浜海水浴場 by stage





大人の遠足「岬めぐりの旅」
最後までお付き合いいただいて
ありがとうございました💛

コメ欄openしましたが‥連休中ですのでお気遣いなくです^^
皆さんへの訪問、リコメ遅れます💦
5/3


[PR]
# by hidamaribenchi-me | 2017-05-03 11:09 | 三浦半島 | Trackback | Comments(75)

きてくださってありがとう。ささやかな日常で心に感じたものや、お出掛けphotoをちょこっとづつ綴っていこうと思います。 


by つっち
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30