a0323147_09080098.jpg




かすてら美味しいと評判の老舗のお店〈坂本屋〉さんを訪ねてみました。
懐かしい木箱のショーケースに、焼き立てのかすてらが並んでありました。
ラップに包んだ気取らない素朴さがいい感じです。
「はいどうぞ」 手渡されたふわっと包んだオレンジ色の包装紙にも愛情がいっぱい^^


家に帰り・・さっそく明治30年創業のお味をいただきました。
口にひろがる優しい甘さと、底についているザラメがたまらない♡♡♡
子どもの頃のおやつのひとつだったかすてらを思い出しました。
本当のおいしさは今も昔もかわらないものなんだなぁ・・^^




a0323147_09294969.jpg


●坂本屋
東京都新宿区四谷1-18
電話:03-3351-0195
http://sakamotoya1897.shop-pro.jp/


東京には美味しいものがたくさん、ありますね。
またご紹介できたらと思います。
別腹でご覧ください^^


*
*
*


■ふるさとのブロ友さんへ   "Thank you.モグモグタイム^^"
海道にも美味しいものがたくさん♡手稲のお店をいろいろ紹介してもらってありがとう。
ラーメン屋さん、ケーキ屋さん…知ってる知ってる。美味しいよね^^更新いつも楽しみに見てます~♬
追記:小さな春を届けてくれたブロ友さん・・ブログにカステラのメッセージありがとう♡(3/3)




[PR]
by hidamaribenchi-me | 2018-03-01 08:31 | 街角 | Trackback



a0323147_09163080.jpg




ご紹介するのは
西荻窪の一角に佇む
古民家レストラン*りげんどう


ドキドキしながら・・・
引き戸をガラガラ開けて中に入ると
懐かしく優しい空間が待っていました。



a0323147_09164851.jpg




最初に頼んだ梅ジュースはすっきり爽やかな味でした^^




a0323147_09171296.jpg



ランチに選んだのはお店の看板メニュー
“手のひらの料理”

友人はむすび膳
私は野菜寿司膳

とっても美味しかったです。



a0323147_15471773.jpg


“手のひらの料理”のコンセプト🍙

病を治すことを「手当て」と言ったり、
お祈りする際にも手のひらを合わせたりするように、
「手のひらには巧妙な力が宿っている」という思いから
生まれた御膳なのだそうです。




a0323147_09175114.jpg




二階にはセンスのいい生活雑貨が並んでいました^^


a0323147_09185072.jpg

お店のHPはこちら

(店内撮影はくれぐれもお客様のご迷惑にならない範囲ならOKとの了解を得ました)



*
*
*


「久々にゆっくりランチでも・・」と
以前から行きたかったお店に
お散歩大好きな友人を誘って行ってきました^^
期待以上の雰囲気に大満足♬~

ランチ後のテクテク街歩きでは、
そこに住む人の温かさにも触れ、
西荻窪はとても居心地のいいところでした。
またご紹介できたらと思います。

*かほさんのタグ企画「しあわせcafe時間」に初参加♡
期間延長ありがとうでーーーす。
今度ぜひ一緒に行きましよう(*^^)v


*
*
*


お越しいただいてありがとうございます。

「イラスト 無料...」の画像検索結果


[PR]
by hidamaribenchi-me | 2017-09-22 17:43 | お店 | Trackback

週末の珈琲時間・・・



a0323147_13502501.jpg


こんにちは♪
お越しいただいてありがとうございます。

それほど珈琲党ではないけど・・・
予定のない週末は、ゆっくりと外で飲みたくなることがあります。

木のドアを開けると・・惹きたての豆の香りが迎えてくれます。
いつもの珈琲。いつもの空気。いつもの席。
外の景色を見ながら、とにかくぼんやりする時間。
(お店の方に撮影の許可をいただいております)



a0323147_14553650.jpg


「イラスト無料珈...」の画像検索結果



遠い日のこと・・・・
待ち合わせしたのは、決まって駅前の喫茶店「カド」
珈琲一杯で友達と何時間も他愛もない話をした^^
もう何十年も訪ねることがなくなった小さな街。
思い出せば・・珈琲のようにちょっとほろ苦い。
スマホなんてなくてもよかった時代もあったよ。



[PR]
by hidamaribenchi-me | 2017-01-29 14:02 | お店 | Trackback

きてくださってありがとう。ささやかな日常で心に感じたものや、お出掛けphotoをちょこっとづつ綴っていこうと思います。 


by つっち